錦糸眼科の矢作先生について

錦糸眼科の矢作先生について



錦糸眼科の矢作先生は日本のレーシックのパイオニア的な存在

矢作徹氏は、日本においてレーシックのパイオニア的な存在です。
一応、念のためですが、矢作は「ヤサク」ではなく「ヤハギ」と読みます。

 

さて、その矢作先生が心血注いで築き上げた錦糸眼科は、日本初のレーシック・クリニックとして、実績、評判、どれをとってもトップクラスにランキングされます。

 

レーシックにおける執刀技術もさることながら、矢作先生は、錦糸眼科の院長に収まるまでの経歴も非常にユニークです。
防衛大学校を卒業後、東京大学、信州大学で医学を学び、スタンフォード大学で眼科BS課程をも修めています。
エリートコースと言えばそうなのでしょうが、レーシックのスペシャリストらしさを次第に高めていく様が、目に浮かぶようです。

レーシックについて著書でも知られる矢作徹先生

矢作先生については、レーシックに関する著作で知った人も多いでしょう。
半分は、錦糸眼科の宣伝だなどと揶揄する向きもあるようですが、未だ偏見が残るレーシックの正しい姿を、詳細に解説し切った本の数々は、レーシック初心者にとっても貴重な参考資料となってくれます。

 

矢作先生は、多くの患者の支持を受けていて、新橋にある東京本人を拠点に、札幌、名古屋、大阪、福岡にある、錦糸眼科の各院を巡回しています。
希望すれば、先生ご本人の執刀が受けられます。先生は人気が高く、スケジュールを調整するのも大変かもしれませんが、運良く執刀予約ができれば、それだけでも御の字でしょう。

ブログもユニークな矢作徹氏

ちなみに、矢作先生のブログもユニークで、錦糸眼科ともリンクしています。
サブタイトルに、宇宙・歴史・社会・文学・宗教を科学するとある通り、話題に上るテーマは多岐にわたります。
何と先生は1983年の衆議院選挙に東京10区から出馬したことがあり、ブログ上の若々しい姿(今でも若々しいですが)は一見の価値があります。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!