錦糸眼科の失敗

錦糸眼科の失敗



正常な術後経過を「失敗」と称する例も

錦糸眼科では希望者に対し、レーシック手術前に必ず初診検査(術前検査)を実施しています。
手術前に行われる検査は無料であり、レーシックが不向きな人に、失敗を防止するための重要なステップとなっています。

 

それにしても、最近ネット上では、レーシックで失敗といった否定的な意見が目立ちます。
ネガティブキャンペーン張りに、明らかにコピペしたような、安直な記事が氾濫している現状は困りものですが、老舗クリニックである錦糸眼科も、そのターゲットになる可能性はあります。
また、中には正常なレーシック手術後にあらわれる過渡的な症状まで「失敗」と称している場合もあり、その多くは適正な経過措置により望んだ方向へ進むはずです。

 

確かに、かつては正確なレーザー照射には、医師の技量による部分が大きく、視力が対して向上しなかったり、乱視になったりなどのケースも見られたものです。
ただし、イントラレーザーやエキシマレーザーなどが実用化された現在では、失敗例は目に見えて減少しています。
レーシックを受けるなら、錦糸眼科など最新鋭の機器が完備しているクリニックならなお安心です。

失敗を避けるためには過矯正はしない

そもそも完璧主義の傾向が高い日本人は、レーシックにも完璧を求めすぎる傾向があります。
自分のライフスタイルなども考えず、1.5とか2.0まで矯正できなければ、失敗とするような風潮がありますが、限界まで視力を上げるというのは、過矯正と紙一重です。

 

過矯正となれば、レーシック難民と化するリスクも高くなります。
錦糸眼科では、術前に患者とカウンセリングを実施し、当人に合ったベストな視力を提案することを旨としていますが、それでも外科手術の手術である以上、失敗のリスクは0にはできません。

 

ですが、錦糸眼科では生涯ケアとして、電子化したカルテに情報が永久に残り、万が一の場合でも迅速に対応してもらえます。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!