錦糸眼科の老眼治療

錦糸眼科の老眼治療



錦糸眼科の老眼治療はスープラコア・モード

現在、錦糸眼科では、スープラコア・モードという老眼治療方法が採用されています。
従来型と比較して、見え方の質が格段に向上するという評判で、目のアンチエイジング法として注目を集めています。

 

スープラコア・モードとは、フェムとレーザー・レーシックの一種のことです。
原理を簡単に述べると、角膜にエキシマレーザーを照射して形状を変え、角膜そのものを遠近用コンタクトレンズのようにする老眼治療で、錦糸眼科は日本で初めて施術プランに採用したのです。

 

従来型アキュフォーカスなどの老眼治療は、片目にのみ施術されます。
これだと治療しなかった方の目は元のままで、両目の視力がアンバランスになるのがデメリットです。
一方、錦糸眼科一押しのスープラコア・モードでは、両眼に対して施術されるので、左右どちらでも快適な視力がもたらされます。

テクノラス217Pの老眼治療は錦糸眼科が日本初

これまでも、エキシマレーザーで角膜を変形させるタイプの老眼治療方法が研究されてきたのですが、実用化されたのは、つい最近のことです。
世界で初めて、2010年にパリで、欧州白内障屈折手術学会(ASCRS)で、エキシマレーザーにテクノラス217Pを使った老眼治療が発表され、非常に評判になったと言います。

 

テクノラス217Pは、矢作徹院長の見立てで、錦糸眼科には2010年に導入され、これは日本初です。
EU諸国を皮切りに安全性は確立され、先進医療として日本でも認知されつつあります。

 

錦糸眼科で行われるスープラコア・モードの費用は、38万円です。
老眼治療の効果は、1カ月ほどをかけて徐々に向上するということで、従来のレーシックのイメージとは少々毛色が違いますが、老眼鏡の必要がなくなったなど、評判は概して上々のようです。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!