錦糸眼科のフェイキック

錦糸眼科のフェイキック



錦糸眼科のフェイキックはここが違う

他クリニックでレーシックができないと門前払いされた人も、錦糸眼科なら相当数が可能になるかもしれません。
フェイキックという新たな視力回復方法が開発され、安全性も確立されています。

 

フェイキックは、原理的に角膜を削らないので、角膜が標準的な厚さよりも薄くて、従来レーシックの対象外だった人でも、見込みがありそうです。
強度近視、乱視の人でもできるのがメリットです。
費用は、錦糸眼科では両眼で45万円、乱視が入っていればプラス10万円と、公式サイトに明示しているのも好感が持てます。

 

大きく分けて、フェイキックは、眼球内の角膜・虹彩の間に眼内レンズを入れるタイプ(前房型)と虹彩・水晶体の間にレンズを入れるタイプ(後房型)があります。
後房型は、厚生労働省に認可された術法であり、錦糸眼科でも採用されています。

 

後房型で使うICLは、アメリカの医療メーカーが開発した眼内レンズです。
コラーゲンを含む「コラマー素材」が使われ、生体適合性が非常に高い特徴があります。

術後の見え方を考えた錦糸眼科のフェイキック

フェイキックで使われるレンズは折り畳めるほど柔軟性が高く、術後の回復が早いのもメリットです。
紫外線が90%もカットできる特性もあります。
挿入したレンズは、後で取り出し・交換も可能で、術後の視力の変化にも対応可です。

 

他大手クリニックでは前房型か後房型かのオプションがあるのとは対照的に、錦糸眼科は、あえて費用の高くつく後房型に限定しています。
術後の見え方のコントラストに優れ、ハロ・グレアなどの副作用も生じにくいなどのメリットが、採用理由であると推察されます。
手術後の見え方の質をも見据えた、錦糸眼科の「企業理念」の表れがうかがえます。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!