錦糸眼科クリニックのレーザー装置

錦糸眼科クリニックのレーザー装置



錦糸眼科クリニックのレーザー装置はテクノラス社「TECHNOLAS217P」

レーシック手術とは、眼に物理的なメスを入れる手術ではありません。
手術ではレーザー装置が使われます。
このレーザー装置の多くはレーシック先進国であるアメリカ製ですが、製造メーカーはいくつかありますが、錦糸眼科ではどんなレーザー装置が導入されているのでしょう?

 

他のクリニックを見ると、アボット社の「ビシックスSTAR S4 IR」という機器は導入しているクリニックが多く、品川錦糸クリニック、SBC新宿近視クリニック、神戸神奈川アイクリニックなどが使用してします。
また、、「ウェーブライトアルグレットウェーブ・アイQブルーライン」もよく使われています。

 

いずれも厚生労働省認可・FDAも認可したマシンで優秀ですが、最も優秀と言われるのが「テクノクラス217P」というタイプ。
これは錦糸眼科で導入されています。

レーザー装置の性能は高いほどイイ

レーシック手術を行うのは医者という「人間」ですから、もちろんその先生の技術や知識、培ったノウハウがとても大切です。
しかし、それと同時に、実際のオペレーションを受け持つレーザー機器の性能もとても大切になります。

 

どんなに熟練したシェフや板前さんでも、包丁はよいほうがよいに決まっていますから。

 

錦糸眼科で導入しているテクノラス社「TECHNOLAS217P」は、現時点ではまさしく最も優秀なレーザー装置と目されています。
その大きな特徴のひとつは、高性能の「角膜追尾装置」です。

 

これは、手術のレーザー照射中の眼球の回転を感知し、リアルタイムにレーザー照射を補正するというものです。
それも照射中、縦回転・横回転などすべての方向の動きを追尾し、さらにレーザー照射1発あたりの補正回数も2.4回。
これだけの優秀な追尾システムは唯一テクノラス社の「TECHNOLAS217P」だけが実現した世界初の性能なのです。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!