錦糸眼科のイントラレーシック

錦糸眼科のイントラレーシック



イントラレーシックは錦糸眼科をふくめレーシックの主流

イントラレーシックとは、イントラレース社というメーカーが開発したイントラレーザー(フェムト秒レーザー)を使ってフラップを作成し、エキシマレーザーを照射する方法です。
レーシックの仕上がり具合が安定化するメリットがあり、錦糸眼科など大手クリニックでは主流となってきています。

 

イントラレーシックでは、90?110μmという、従来型のマイクロケラトームと比較して薄いフラップを作ることができます。
そのため、従来なら角膜が薄くてはねられていた人でもレーシックが受けられるようになり、錦糸眼科でもレーシックの門戸を広げる武器ともなっています。

 

また、イントラレーシックはコンピューター制御でなされるので、医師の技量に関係なく、一定レベルのフラップが作れるのがメリットです。
フラップを戻した後に、シワやずれが起きにくいというメリットもあり、錦糸眼科でも主流となっている模様です。

錦糸眼科では、あえてイントラレーシック以外も提案することも

今でも、レーシックは感染症が心配という人もいるようですが、イントラレーシックの場合、角膜内部に直に触れないので、感染症のリスクはそもそもないのです。
加えて、錦糸眼科では衛生管理が徹底され、これまでも感染症ゼロ記録を更新しています。

 

ただし、角膜をレーザーで焼き切る方式であるため、マイクロケラトームと比較して多少痛みを伴うことがあり、術後の回復も遅くなる傾向が見られます。
また、びまん性層間角膜炎(DLK)や虹彩炎のリスクも稀にはあるとのことです。
錦糸眼科では、一律にイントラレーシックを施術するようなことはなく、角膜に十分な厚さがある人には、従来型の安価なプランが提供されることさえある点、錦糸眼科は良心的な方です。

オリコン顧客満足度No1.の近視クリニックはこちら

レーシック眼科を選ぶとき、価格やサービスなどいろいろな観点がありますがオリコンの顧客満足度ランキングも信用できる情報です。
回答者のうち87.5%の方が“人に勧めたい”と回答している近視クリニックはどこのクリニックでしょうか? 答えはこちらでご覧になれます。

こちらからどうぞクリック!